使用者(読み)シヨウシャ

人材マネジメント用語集の解説

使用者

・労働基準法における使用者とは、「事業主又は事業の経営担当者その他その事業の労働者に関する事項について、事業主のために行為をするすべての者」をいう。(労
働基準法第10条)
・使用者とは、労働基準法上の義務についての責任を負う者を意味する。使用者は社長と同義語ではなく、もっと広い概念である。例えば、取締役のみならず、人事部長、工場長なども該当する。(但し、これらはあくまでも概念であり、使用者かどうかは実態で判断される)
・この実態とは、人事労務管理等において一定の権限を与えられているか等で判断される。
・事業主とは、事業の経営主体を意味する。個人であれば、事業主個人を意味し、法人の場合は、法人そのものを意味する。
・事業の経営担当者とは、事業経営一般について責任を負う者を意味する。(法人における取締役)

出典 (株)アクティブアンドカンパニー人材マネジメント用語集について 情報

大辞林 第三版の解説

しようしゃ【使用者】

物や場所を使用する人。
人を雇って労務の提供を受け、賃金を支払う者。雇用主。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

大阪桐蔭高等学校

大阪府大東市にある男女共学の私立高校。1983年、大阪産業大学高等学校(現・大阪産業大学附属高等学校)の分校として設置され、1988年に現名称で独立した。神奈川県横浜市にある桐蔭学園高等学校とは無関係...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

使用者の関連情報