コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

雇用なき成長 こようなきせいちょう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

雇用なき成長
こようなきせいちょう

経済の教科書によれば,経済が拡大,成長すればそれに伴って雇用が新たに創出される。しかし,企業のリストラクチャリングやテクノロジー技術の革新で,産業構造が大変革を起こしているような最近の世界経済下では,必ずしも教科書的な現象は起きず,経済成長が雇用を創り出さないこともあり得る。 1993年の東京サミットでは持続的な成長とともに「雇用の確保」が経済宣言に盛込まれたが,これは高失業率に悩むヨーロッパ諸国の現状を背景に雇用問題が 90年代の緊急課題になっていることを示している。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

雇用なき成長の関連情報