革新(読み)カクシン

デジタル大辞泉の解説

かく‐しん【革新】

[名](スル)旧来の制度・組織・方法・習慣などを改めて新しくすること。特に、政治では、現状を改革しようとする立場。「技術革新」⇔保守

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かくしん【革新】

( 名 ) スル
〔「革」はあらためる意〕
古くからの習慣・制度・状態・考え方などを新しく変えようとすること。特に、政治の分野で社会体制・政治組織を新しく変えること。また、変えようとする勢力。 ⇔ 保守 「技術-」 「保守と-の衝突」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

かく‐しん【革新】

〘名〙 習慣、制度組織、方法などを改めて、新しくすること。現状を変えること。改新。変革。⇔保守
小説神髄(1885‐86)〈坪内逍遙〉緒言「革新の変あるに際して、戯作者暫く跡を断ちて小説従って衰へしが」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

革新の関連情報