革新(読み)かくしん

精選版 日本国語大辞典「革新」の解説

かく‐しん【革新】

〘名〙 習慣、制度、組織、方法などを改めて、新しくすること。現状を変えること。改新。変革。⇔保守
※小説神髄(1885‐86)〈坪内逍遙〉緒言「革新の変あるに際して、戯作者暫く跡を断ちて小説従ってへしが」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「革新」の解説

かく‐しん【革新】

[名](スル)旧来の制度・組織・方法・習慣などを改めて新しくすること。特に、政治では、現状を改革しようとする立場。「技術革新」⇔保守
[類語]刷新一新

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「革新」の解説

【革新】かくしん

改新。

字通「革」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

物言う株主

上場企業の経営に自らの考えを表明して積極的に関わる株主。株主総会で独自の議案を提出したり、役員などを送り込んだりして経営改革を迫ることもある。アクティビスト。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android