コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

雇用動向調査 こようどうこうちょうさ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

雇用動向調査
こようどうこうちょうさ

主要産業の事業所における入職・離職の状況およびその理由を個人別に調査し,地域間,産業間,規模間および職業間などの労働移動の実態を明らかにすることを目的として,厚生労働省が年2回行なっている調査。調査対象は5人以上の常用労働者を雇用する全事業所から抽出された約2万 9000の事業所である。調査事項は事業所,入職者,離職者に関するものの3つから成っている。調査項目としては性,年齢,学歴,雇用形態,入職経路,離職理由などがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ビジネス用語集の解説

雇用動向調査

雇用動向調査とは、厚生労働省が定期的に
行っている雇用、就業関連調査の1つです。

雇用動向調査では、主要な産業における入職者、
離職者等について、属性、入職及び離職に関する事情、
求人状況等について調査しています。

この雇用動向調査によって、国内の労働力の移動状況、
企業や事業所の求人状況等の実態を明らかにしています。

出典 転職.jpビジネス用語集について 情報

雇用動向調査の関連キーワード雇用統計介護離職労働統計離職率入職率

雇用動向調査の関連情報