常用労働者(読み)ジョウヨウロウドウシャ

デジタル大辞泉の解説

じょうよう‐ろうどうしゃ〔ジヤウヨウラウドウシヤ〕【常用労働者】

期間を定めずに雇用されている労働者。厚生労働省の毎月勤労統計調査では、「期間を定めずに、または1か月を超える期間を定めて雇われている者」「日々また1か月以内の期間を定めて雇われている者のうち、調査期間の前2か月にそれぞれ18日以上雇われている者」と定義され、理事・重役などの役員や事業主の家族でも、常時勤務して、一般の労働者と同じ給与規則で毎月給与が支払われている者も常用労働者に含まれる。常用労働者のうち、1日の所定労働時間または1週間の所定労働日数が短いパートタイム労働者を除いた労働者を一般労働者という。常用雇用者。→常用雇用労働者

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

じょうようろうどうしゃ【常用労働者】

期間を決めず、または一か月を超える期間を決めて雇われている者など、常時使用されている労働者。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

ギャンブル等依存症対策基本法

競馬やパチンコなどのギャンブル依存症への対策を進めるために、国や地方公共団体に対して、依存症の予防・啓発や、患者、家族へのケア、支援に関する計画の策定などを義務付ける国の法律。自民党と公明党、日本維新...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android