コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

常用労働者 ジョウヨウロウドウシャ

デジタル大辞泉の解説

じょうよう‐ろうどうしゃ〔ジヤウヨウラウドウシヤ〕【常用労働者】

期間を定めずに雇用されている労働者。厚生労働省の毎月勤労統計調査では、「期間を定めずに、または1か月を超える期間を定めて雇われている者」「日々また1か月以内の期間を定めて雇われている者のうち、調査期間の前2か月にそれぞれ18日以上雇われている者」と定義され、理事・重役などの役員や事業主の家族でも、常時勤務して、一般の労働者と同じ給与規則で毎月給与が支払われている者も常用労働者に含まれる。常用労働者のうち、1日の所定労働時間または1週間の所定労働日数が短いパートタイム労働者を除いた労働者を一般労働者という。常用雇用者。→常用雇用労働者

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

じょうようろうどうしゃ【常用労働者】

期間を決めず、または一か月を超える期間を決めて雇われている者など、常時使用されている労働者。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

常用労働者の関連キーワード障害者の雇用の促進等に関する法律障害者雇い入れ計画作成命令賃金構造基本統計調査障害者雇用促進法パートタイマー雇用動向調査労働費用調査職業紹介統計労働時間統計労働移動率日雇労働者労働者派遣季節労働者港湾労働法介護離職農家経済賃金統計人材派遣企業意識災害統計

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android