離職

デジタル大辞泉の解説

り‐しょく【離職】

[名](スル)
職務から離れること。
退職・失業などによって、職業を離れること。「工場閉鎖で離職する」「離職者」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

りしょく【離職】

( 名 ) スル
職務から離れること。
仕事をやめること。 「炭鉱の閉山で-する」
公務員法上、公務員がその身分を失うこと。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

り‐しょく【離職】

〘名〙
職務から離れること。また、職業から離れること。〔元曲章‐吏部・職制・職守・官吏不得擅離職〕
② 公務員法上、失職・免職・退職・辞職など、職員としての身分を失うことを総称していう。〔国家公務員法(1947)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

檄を飛ばす

自分の主張や考えを広く人々に知らせ同意を求める。また、それによって人々に決起を促す。飛檄。[補説]誤用が定着して「がんばれと励ます」「激励する文書を送る」という意味でも用いられる。文化庁が発表した「国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

離職の関連情報