コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

離職

ビジネス用語集の解説

離職

現在の職業もしくは所属する会社から、
退職失業をすることによって離れることをいいます。

広くは仕事を辞めるといった意味合いで使われるが、
ハローワーク職員、採用を行う人事担当者、人材紹介会社など、
雇用に関わる職業の人々の間で使われることの多い言葉です。

出典 転職.jpビジネス用語集について 情報

デジタル大辞泉の解説

り‐しょく【離職】

[名](スル)
職務から離れること。
退職・失業などによって、職業を離れること。「工場閉鎖で離職する」「離職者」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

りしょく【離職】

( 名 ) スル
職務から離れること。
仕事をやめること。 「炭鉱の閉山で-する」
公務員法上、公務員がその身分を失うこと。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

離職の関連キーワード被災者雇用開発助成金と地域雇用開発助成金緊急雇用創出事業臨時特例基金日本版デュアルシステム男性介護者と介護離職就職安定資金融資制度官民人材交流センター労働移動支援助成金新しい「3本の矢」失業手当の給付日数失業対策4事業雇用促進事業団雇用動向調査失業対策事業ホワイト企業介護職員不足新規就農青年公共職業訓練失業保険法潜在看護師雇用対策法

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

離職の関連情報