雇用誘発(読み)こようゆうはつ(英語表記)inducing employment

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

雇用誘発
こようゆうはつ
inducing employment

景気が拡大すれば雇用需要が誘発され,景気が低迷すれば失業者が増加する。失業者が増加した場合は雇用需要を増加させるため,公共事業を中心とした総需要の拡大政策が採られることになる。産業連関分析においては,雇用需要は経済活動によって直線的に誘発されるものと考えられ,各最終需要が1単位増加した場合に,直接的,間接的に必要となる雇用需要の大きさを労働誘発係数と呼んでいる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android