雛遊び(読み)ヒイナアソビ

デジタル大辞泉の解説

ひいな‐あそび〔ひひな‐〕【×雛遊び】

ひな祭りのこと。ひなあそび。
ひな人形を使ってする女児の遊び。
「小さき御台、御皿ども、御箸の台、州浜なども―の具と見ゆ」〈紫式部日記

ひな‐あそび【×雛遊び】

雛人形や、その調度品を飾り、供え物をしたりして遊ぶこと。近世以降は、雛祭りをさす。ひいなあそび。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の雛遊びの言及

【雛人形】より

…その流行につれて,行事に飾る人形も発達し,さまざまな雛人形が生まれた。雛祭は,江戸中期ころまでは〈雛遊び〉と呼ばれていた。これは神遊びのことで,神を迎えてまつり,男女の健やかな成長を願い災厄をはらう祭りと考えられていた。…

※「雛遊び」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

公示地価

地価公示法(昭和44年法律第49号)に基づき、国土交通省が毎年1回公示する標準地の価格のこと。「住宅地」「商業地」「宅地見込地」「準工業地」「工業地」「市街化調整区域内宅地」「市街化調整区域内林地」に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android