御台(読み)みだい

精選版 日本国語大辞典「御台」の解説

み‐だい【御台】

〘名〙 (「み」は接頭語)
① 天皇や貴人を敬って、その食物をのせる台をいう語。食卓。
※宇津保(970‐999頃)藤原の君「宮御だいたてて物まゐる」
② 天皇や貴人の食物をいう。おもの。
※落窪(10C後)一「御だい、あはせいと清げにて、粥まゐりたり」
※あさぢが(13C後)「二所なから御だいそそのかしなどし給へば」

お‐だい【御台】

〘名〙 (「お」は接頭語。「御台盤」の略)
① 食器を載せる台。食膳。
② ごはんをいう女性語。
※玉塵抄(1563)三一「客人のわせたほどにゆうをだいをこしらえたことぞ」
浄瑠璃・心中宵庚申(1722)上「二合半のもり切おだい」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「御台」の解説

み‐だい【御台】

天皇や貴人を敬って、その食物をのせる台をいう語。
「―などうち合はで、いとかたはらいたしや」〈・玉鬘〉
天皇や貴人の食物のこと。御物おもの
「とかく紛らはして、―は参る」〈夕霧
御台盤所みだいばんどころ」の略。
「なんぢが娘を国司の御―に参らせよ」〈伽・文正

お‐だい【御台】

《「御台盤」の略》
飯・菜などを盛った器をのせる長方形の台。
「―に、はしの台ばかりすゑたり」〈宇治拾遺・七〉
めしをいう女性語。
「二合半の盛り切り―、のどに詰まって」〈浄・宵庚申

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android