コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

雲華紙(うんかし)

デジタル大辞泉プラスの解説

雲華紙(うんかし)

福井県越前市で生産される「越前和紙」のひとつ。同市の紙漉き職人、初代岩野平三郎が考案した漉き模様の一種。名称は漉き入れの技法により浮かび上がる文様が雲の華にたとえられるところから。襖の裏張りなどに用いられる。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

雲華紙(うんかし)の関連キーワード福井県越前市雲紙

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android