コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

越前和紙

2件 の用語解説(越前和紙の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉プラスの解説

越前和紙

福井県越前市で生産される和紙。原料はコウゾミツマタなど。起源は古く、4~5世紀頃とも言われ、中世には鳥子紙や奉書紙で知られた。明治新政府の「太政官金札用紙」も越前の五箇地区で漉かれたもの。現在でも美術紙、書画用紙、襖紙など用途は広い。1976年、国の伝統的工芸品に指定。

出典|小学館
デジタル大辞泉プラスについて | 情報

日本文化いろは事典の解説

越前和紙

産地:福井 中世の武家支配の時代、主君が臣下に出す命令や伝達を近侍者がしたためて発行する「奉書」という書式がありました。この「奉書」の公用紙として、最もよく 使用されてきたのが越前和紙です。楮の繊維だけで漉く「生漉奉書」は、表面がなめらかで上品な光沢を持ち、手ざわりもよく丈夫であったため、最上の奉書紙 として知られました。

出典|シナジーマーティング(株)
日本文化いろは事典について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

越前和紙の関連情報