電子情報技術産業協会(読み)でんしじょうほうぎじゅつさんぎょうきょうかい(英語表記)Japan Electronics and Information Technology Industries Association

日本大百科全書(ニッポニカ)「電子情報技術産業協会」の解説

電子情報技術産業協会
でんしじょうほうぎじゅつさんぎょうきょうかい
Japan Electronics and Information Technology Industries Association

正式名称は一般社団法人電子情報技術産業協会、略称JEITA。日本電子機械工業会(EIAJ)と日本電子工業振興協会(JEIDA)が合併して2000年(平成12)11月に発足した。電子材料、電子部品、デバイス、最終製品など、電子機器やIT(情報技術)に関連する幅広い分野の企業が参加している業界団体である。電子機器、電子部品の健全な生産、貿易、消費の増進を図ることで、電子情報技術産業の総合的な発展に寄与することを目的とする。政策提言、技術開発の支援、新分野の製品普及、環境対策といった事業を展開している。具体的には、グリーンITの推進、デジタル放送の推進、パーソナルコンピュータ国内出荷実績といった統計資料の作成、各種規格の策定などを行っている。

[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

デジタル大辞泉「電子情報技術産業協会」の解説

でんしじょうほうぎじゅつさんぎょう‐きょうかい〔デンシジヤウホウギジユツサンゲフケフクワイ〕【電子情報技術産業協会】

ジェイタ(JEITA)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

IT用語がわかる辞典「電子情報技術産業協会」の解説

でんしじょうほうぎじゅつさんぎょうきょうかい【電子情報技術産業協会】

JEITA(ジェイタ)

出典 講談社IT用語がわかる辞典について 情報

今日のキーワード

株を守りて兎を待つ

たまたまうまくいったことに味をしめて、同じようにしてもう一度、成功しようとするたとえ。また、古くからの習慣にこだわって、時代に合わせることを知らぬたとえ。[使用例] 羹あつものに懲こりて膾なますを吹く...

株を守りて兎を待つの用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android