コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

電気銛 でんきもり electric harpoon

1件 の用語解説(電気銛の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

電気銛
でんきもり
electric harpoon

捕鯨の際,電流を通じてクジラを感電死させるために使う。銛綱の中に完全な絶縁物で被覆された電線を装備して船内の発電機に通じておく。銛がクジラの体に撃込まれたとき,発電機から銛綱,銛,クジラの体,口腔粘膜,海水,船外に出された極板の順に電気回路が形成され,クジラを麻痺させることによって能率的に捕獲できる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

電気銛の関連キーワード感電死鯨熨斗白長須鯨目くじらを立てる小型捕鯨鯨の谷鯨のたれ太地町立くじらの博物館鯨館日本の調査捕鯨

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone