コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

霞の扇 カスミノオウギ

デジタル大辞泉の解説

かすみ‐の‐おうぎ〔‐あふぎ〕【×霞の扇】

の型の一。開いた扇を立てて右手で要(かなめ)の所を持ち、上に引き上げて、そのまま前方水平まで下ろしながら前に出る。下ろし扇。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

かすみのおうぎ【霞の扇】

能の型。広げた扇を右横から上にあげ、ゆっくり前方水平までおろしながら前に出る。おろし扇。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android