コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

霧不断の香を焚く キリフダンノコウヲタク

デジタル大辞泉の解説

霧(きり)不断(ふだん)の香を焚(た)・く

仏前で絶えずたく香ののように、が絶えることなくたちこめる。
「いらか破れては―・き」〈平家・灌頂〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

きりふだんのこうをたく【霧不断の香を焚く】

〔霧を香の煙に見立てて〕
常に霧がたちこめているさま。 「甍いらかやぶれては-・き、とぼそ落ちては月常住のともしびをかかぐ/平家 灌頂

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

霧不断の香を焚くの関連キーワード仏前焚く