霧不断の香を焚く(読み)きりふだんのこうをたく

精選版 日本国語大辞典「霧不断の香を焚く」の解説

きり【霧】 不断(ふだん)の香(こう)を焚(た)

(「不断の香」は仏前で絶やさずに焚く香) 仏前で、不断の香を焚いているように、霧が絶えず立ちこめている。
平家(13C前)灌頂「即寂光院これなり。〈略〉よしあるさまの所なり。甍(いらか)やぶれては霧不断の香をたき、(とぼそ)おちては月常住の燈をかかぐとも、かやうの所をや申すべき」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「霧不断の香を焚く」の解説

きり不断ふだんこう・く

仏前で絶えずたく香の煙のように、霧が絶えることなくたちこめる。
「いらか破れては―・き」〈平家・灌頂〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android