コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

灌頂 かんじょうabhiṣeka; abhiṣecana

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

灌頂
かんじょう
abhiṣeka; abhiṣecana

水を頭の頂に注ぐという意。元来は,インドの王の即位立太子にあたり,大海のを注ぐ儀式のこと。それが仏教に取入れられ,菩薩最上の境地に入ろうとするとき,諸仏が智水を菩薩の頭に注ぎ,最上の位に達したことを認めること。さらに密教では,弟子頭頂に智水を注いで,仏の位を継承させることを示す。現在でも重要な儀式とされ,種々の分類と作法がある。 (1) 伝法 (阿闍梨,受職) 灌頂 阿闍梨の位を得ようとする人に大日如来の秘法を授ける。 (2) 弟子 (学法,受明) 灌頂 密教の弟子になろうとする人に授ける。 (3) 結縁灌頂 一般の人々に仏縁を結ばせるために壇に入らせ簡単な作法を授ける。 (4) 印法灌頂 伝法灌頂を行うには能力が乏しい者のために諸作法を略したもの。 (5) 作業灌頂 特定の道場で行う。 (6) 以心 (心授,瑜祇) 灌頂 師と弟子が互いの心中で行う。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

かん‐じょう〔クワンヂヤウ〕【×灌頂】

《〈梵〉abhiṣecana, abhiṣekaの訳。昔インドで、国王の即位や立太子の儀に、四大海の水をその頭頂に注いだ儀式から》
仏語。
菩薩が仏位に登るとき、法王の職を受ける証として諸仏が智水を頭に注ぐ儀式。
密教で、香水(こうずい)を頭に注ぐ儀式。灑水杖(しゃすいじょう)という棒の先に水をつけて頭に軽くあてる。受戒するときや修行者が一定の地位に上るときに行う。結縁(けちえん)灌頂伝法(でんぼう)灌頂などがある。
㋒墓石に水を注ぎかけること。
雅楽・平曲・音楽や和歌などで奥義や秘伝などを授けること。

かん‐ちょう〔クワンチヤウ〕【×灌頂】

かんじょう(灌頂)

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

灌頂【かんじょう】

灌頂(かんぢょう)

灌頂【かんぢょう】

大乗仏教で仏の五智を象徴する水を頭頂に注ぎ,悟りの位に達したことを証する儀式。のち師が弟子に対して行い,仏位の継承を示す重要な儀式となった。元来はインドで,国王の即位や立太子に際して行われたもの。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

葬儀辞典の解説

灌頂

仏教において、頭に水をそそぐこと、あるいはに水をかけること。

出典|葬儀ベストネット葬儀辞典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

かんぢょう【灌頂】

頭頂に水を灌(そそ)ぎ,その人物がある位に進んだことを証する儀式のこと。灌頂はサンスクリットでアビシェーカabhiṣekaまたはアビシェーチャナabhiṣecanaといい,もとインドで帝王の即位や立太子のときに行われた儀式で,たとえば〈即位灌頂〉においては四大海の水を頭頂に注ぎ,それによって四海に至るまでの全世界の掌握を象徴したのである。これが仏教にもとり入れられ,大乗仏教では最後の修行を終えた菩薩が悟りを開いて仏になるとき,諸仏から智水の灌頂を受けて成仏するものとされた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内の灌頂の言及

【延暦寺】より

…古来,山僧の多くは山上に住まず,東西坂本および洛中に里坊(さとぼう)を有したが,今では主として東坂本(大津市坂本)に集住し,ここには最澄生誕地と伝える生源寺,座主の住坊である滋賀院門跡をはじめ多くの住院がある。
[法会]
 《三宝絵詞》(984年源為憲撰)には,叡山で行われる毎年の法会として,1,4,7,10月に各21日間ずつ行う懺法(せんぼう)(812年最澄始修),3月と9月の15日に行う勧学会(964年始修,山僧20人と大学寮学生20人が坂本の寺に会し,朝は法華経を講じ,夕は念仏を行い,終夜,讃仏の詩文を作る),4月の花の盛りに行う舎利会(860年円仁始修),4月15日以前に行う授戒会(823年始),6月4日,最澄の忌日に行う六月会(みなづきえ),8月11日から17日まで行う不断念仏(865年円仁始修),9月15日に行う灌頂(843年円仁始修),11月24日の天台大師忌に行う霜月会(798年最澄始修)を掲げる。このうち六月,霜月の両会はとくに重んじられ,5年に1度,好季を選んで両会同時に修し,これを法華大会という。…

【国清百録】より

…4巻。隋の智寂が編集,灌頂が完成させた。天台山に煬帝(ようだい)から国清寺の寺額が下賜された605年(大業1)ころのことと考えられる。…

【山水屛風】より

…真言密教の寺院で,灌頂(かんぢよう)の儀式の際に使用される屛風。文献的には,10世紀ころから宮中などで用いられていた一般的な調度としての屛風が,しだいに灌頂の場に進出し,14世紀には既に重要な灌頂用具となっていたことがわかる。…

【水】より

…またインドのヒンドゥー教では,河川が豊穣・祓浄の源泉として神聖視され,とりわけガンガー(ガンジス)川の水はすべての死者の魂を昇天させる浄化力があると信じられた。一般に宗教行事には,水を頭から注ぐ灌頂(かんぢよう)の儀式があったが,それが仏教にもとり入れられて,仏弟子として再生するための各種の灌頂式がつくりだされた。日本では記紀神話にみられるように,伊弉諾(いざなき)尊が死んだ妻の伊弉冉(いざなみ)尊を黄泉国(よみのくに)に訪ね,帰ってから身についた汚穢を川原で洗い流したという話が知られている。…

※「灌頂」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

灌頂の関連キーワード灌頂大法王子・潅頂大法王子一期の灌頂・一期の潅頂徳島県勝浦郡上勝町正木灌頂の師・潅頂の師授職灌頂・授職潅頂伝法灌頂・伝法潅頂秘密灌頂・秘密潅頂霧不断の香を焚く灌頂壇・潅頂壇灌頂幡・潅頂幡灌頂堂・潅頂堂灌頂大法王子正八幡大菩薩伝法阿闍梨位あらいざらし灌頂・潅頂受灌・受潅柴の編み戸一期の灌頂金剛仏子

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

灌頂の関連情報