仏前(読み)ぶつぜん

精選版 日本国語大辞典「仏前」の解説

ぶつ‐ぜん【仏前】

〘名〙 のまえ。仏壇の前。
万葉(8C後)八・一五九四・題詞「仏前唱歌一首」
※浮世草子・世間胸算用(1692)五「仏前(ブツゼン)に御あかしあげて」 〔姚合‐送僧棲真帰杭州天竺寺

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

普及版 字通「仏前」の解説

【仏前】ぶつぜん

仏の前。唐・杜甫〔飲中八仙歌〕詩 晉、長齋す、佛の 禪を愛す

字通「仏」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android