仏前(読み)ブツゼン

大辞林 第三版の解説

ぶつぜん【仏前】

仏の前。仏壇の前。 「 -に花を供える」
〔「御仏前」の形で〕 法要の際の供物の上書きに用いる語。一般には四十九日の忌明け以降用いる語とされる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ぶつ‐ぜん【仏前】

〘名〙 仏のまえ。仏壇の前。
※万葉(8C後)八・一五九四・題詞「仏前唱歌一首」
※浮世草子・世間胸算用(1692)五「仏前(ブツゼン)に御あかしあげて」 〔姚合‐送僧棲真帰杭州天竺寺詩〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

仏前の関連情報