コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

露も ツユモ

デジタル大辞泉の解説

つゆ‐も【露も】

[副]
(下に打消しの語を伴って)少しも。ちっとも。「露も疑わない」
(仮定表現に用いて)少しでも。まったく。
「―、物、空にかけらば、ふと射殺し給へ」〈竹取

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

つゆも【露も】

( 副 )
(下に打ち消しの語を伴って)少しも。全然。 「我心は、-変るまじく/源氏 若菜上

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

露もの関連キーワードセントラルヒーティングダムディンスレン小倉百人一首末の露本の雫真空サッシ四国借款団日の御蔭だしかぜ花摺り衣打消し八女茶村入り辻良江決り字笠取山降水量暁起き丸芳露菊の雫松の露

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

露もの関連情報