青島ういろう(読み)あおしまういろう

事典 日本の地域ブランド・名産品の解説

青島ういろう[菓子]
あおしまういろう

九州・沖縄地方、宮崎県の地域ブランド。
主に宮崎市青島で製造されている。明治時代、鈴木サトがつくった「おサト羊かん」が、青島ういろうの始まり。薬の外郎の味に似ていたことから、のちにういろうと名づけられたという。うるち米の粉に砂糖湯を混ぜ、こねて蒸しあげた菓子。白砂糖入りの白色と黒砂糖入りの茶色のものが主。

出典 日外アソシエーツ「事典 日本の地域ブランド・名産品」事典 日本の地域ブランド・名産品について 情報

今日のキーワード

在職老齢年金

就業している高齢世代にも一定の年金を支給する制度。2004年の年金改正で、就労を阻害せず、働くことに中立な仕組みにするため、60歳代前半の人には厚生年金(定額部分も含む)の一律2割カットの仕組みを廃止...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android