コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

青木ヶ原樹海 あおきがはらじゅかい

デジタル大辞泉の解説

あおきがはら‐じゅかい〔あをきがはら‐〕【青木ヶ原樹海】

青木ヶ原

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の青木ヶ原樹海の言及

【青木ヶ原】より

…足和田村,上九一色(かみくいしき)村,鳴沢村にまたがる。標高900~1200m,周囲16km,面積30km2にわたって広がり,遠望すると海のように見えるところから青木ヶ原樹海と呼ばれている。成因は864年(貞観6)富士山の側火山,長尾山の噴火で大量の溶岩流(青木ヶ原丸尾(まるび))が流出した上に,伏流水などの影響で数百年を要して樹木が密生し,溶岩原上のため人手が入りにくく残ったとされる。…

※「青木ヶ原樹海」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

青木ヶ原樹海の関連キーワード山梨県南都留郡富士河口湖町富士箱根伊豆国立公園富士河口湖(町)西湖(山梨県)日本の国立公園樹海

今日のキーワード

ラニーニャ現象

《La Niña events》赤道付近のペルー沖から中部太平洋にかけて、数年に1度、海水温が平年より低くなる現象。低下する温度差はエルニーニョ現象での上昇温度差より一般的に小さい。→ダイポールモード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

青木ヶ原樹海の関連情報