コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

青木熊吉 あおき くまきち

1件 の用語解説(青木熊吉の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

青木熊吉 あおき-くまきち

1864-1940 明治-大正時代の海洋生物採集家。
文久4年2月12日生まれ。神奈川県三崎町の漁師。明治19年の帝国大学三崎臨海実験所開設時より約30年間研究材料の採集を手つだい,採集した新種は数百種におよんだ。「三崎の熊さん」の愛称でしたしまれた。昭和15年12月1日死去。77歳。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典内の青木熊吉の言及

【ウミウシ(海牛)】より

…背上後方の肛門のまわりを羽状のえらが取り囲む種もある。ハナデンシャKalinga ornataは三崎の東大臨海実験所にいた採集人青木熊吉の命名で知られるが,頭部に樹枝状の突起が16~17対,体側に4対あり,背面にも多くの小突起があって,肛門のまわりのえらは5~6対ある。これらは黄白色の地に赤黄色に着色される。…

【オキナエビスガイ(翁戎貝)】より

…この原始的な珍しい種が日本に産することで有名となり,イギリスの大英博物館から東京大学へ1個100ドルで購入したいと採集方依頼があった。そこで三崎臨海実験所の採集人青木熊吉が生きた貝を採集,箕作佳吉(みつくりかきち)教授に届けたところ,ほうびに金40円をもらった。あまりに大金なので熊吉は長者になったような気がするといったので,この貝をチョウジャガイともいうようになった。…

※「青木熊吉」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

青木熊吉の関連キーワード杉浦宇貫石井常英尚典須田皖次近松尊定永山盛興西ノ海嘉治郎(2)望月長夫米田穣大正時代美術

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone