コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

神奈川県 かながわ

3件 の用語解説(神奈川県の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

神奈川県
かながわ

面積 2415.86km2。人口 904万8331(2010)。年降水量 1688.6mm(横浜市)。年平均気温 15.8℃(横浜市)。県庁所在地 横浜市。県木 イチョウ。県花 ヤマユリ

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

かながわ‐けん〔かながは‐〕【神奈川県】

神奈川

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の地名がわかる事典の解説

〔神奈川県〕神奈川〈県〉(かながわ〈けん〉)


関東地方南西部に位置する県。
工業製品出荷額が愛知県に次ぎ全国第2位の工業県。太平洋に面し、北は東京都、北西は山梨県、南西は静岡県に隣接する。全域が東京から100km圏内にあり、人口は全国第2位。横浜市・川崎市を中心に宅地化と工業化が著しく、京浜工業地帯の中核をなす。古都鎌倉や箱根(はこね)は国際的な観光地として名高い。人口891万7368。面積2415.86km2。人口密度3691.18人/km2。管轄市町村は19市13町1村。県庁所在地は横浜市。県花はヤマユリ
歴史を見ると、県内各地に縄文遺跡・弥生遺跡や貝塚が出土する。4世紀ごろに大和朝廷に統一され、大化(たいか)の改新後は相模(さがみの)国と武蔵(むさしの)国(東京都)の一部となった。平安時代には東国武士の反乱が各地で起き、関東平氏(へいし)討伐のため源頼義(みなもとのよりよし)が鎌倉に派遣された。源氏(げんじ)はこの地に土着し、1192年(建久(けんきゅう)3)に源頼朝(よりとも)が東国武士団を率いて鎌倉幕府を開府。約150年、武家政権の中心地として、源氏・北条(ほうじょう)氏が勢力を振るった。室町時代、管領(かんれい)職をめぐる係争のなかで勢力を伸ばした後北条(ごほうじょう)氏が台頭し、小田原(おだわら)を拠点に関東一円を制圧したが、豊臣秀吉(とよとみひでよし)の前に滅びた。江戸時代には小田原藩とその支藩、金沢藩、幕府直轄領、旗本領に分割された。東海道の宿駅は9つ置かれ、各地で産業が発展した。1853年(嘉永(かえい)6)にペリーが浦賀(うらが)に来航。日米修好通商条約で横浜港が開港され、日本開国の舞台となった。1871年(明治4)の廃藩置県では当初5県を設置。のち神奈川県・足柄(あしがら)県の2県に集約され、1876年に足柄県のうち旧相模国部分が神奈川県に合併。1893年に多摩(たま)3郡を東京府に移管し、現県域がほぼ確定した。
地勢を見ると、南東部に突き出た三浦(みうら)半島を境に、東は東京湾、南は相模湾に面する。県域の西部は丹沢(たんざわ)山地と箱根山がそびえる。ほぼ中央に相模原と沿岸部の低地が広がり、相模川が南流。北東部には多摩丘陵が延びる。相模湾沿岸には砂丘が発達。川崎市から横須賀(よこすか)市までの海岸部には工業用地として大規模な埋立地が造成されている。気候は、全般に冬季少雨・夏季多雨の太平洋岸式気候を示す。西方の山地部とそれ以外の地域の気温差が大きく、箱根が避暑地であるのに対し、相模湾沿岸は避寒地として知られる。
産業は、明治期の軍需産業から発展した川崎・横浜の臨海工業地帯が、近年では相模原市・厚木(あつぎ)市・座間(ざま)市・秦野(はだの)市の内陸部や小田原市を中心とする県西部にまで範囲を広げ、京浜工業地帯を形成する。電機・輸送用機器を柱として機械・化学・石油など重化学大工場が集中。川崎市や内陸部には先端技術関連の企業研究所も多い。また、各地でビニールハウスによる野菜栽培など、典型的な都市近郊型農業が展開され、ダイコンなどの野菜や花卉(かき)、生乳などを首都圏に出荷するが、産業全体に占める農業の地位はきわめて低い。漁業は、三崎(みさき)港を中心に遠洋マグロ・イカ・マイワシカツオなどを漁獲する。横浜・川崎の大都市と巨大な新興住宅地を背景として、商業は工業に次ぐ重要産業となっている。卸売業・小売業の年間販売額は全国で五指に入る。近年は横浜周辺が若者層の集客力を強め、独立性の強い商圏を形成している。
観光では、古都鎌倉には鶴岡八幡宮(つるがおかはちまんぐう)・円覚(えんがく)寺・鎌倉大仏(高徳院)など鎌倉文化を代表する史跡・古刹(こさつ)が多数残る。温泉と芦ノ(あしの)湖、箱根関所跡で知られる箱根山は、富士箱根伊豆(ふじはこねいず)国立公園を代表する国際的観光地。湘南(しょうなん)とよばれる相模湾沿岸は首都圏の海水浴客でにぎわう。国際貿易港である横浜港の一角とその周辺には、オフィス・ホテル・国際会議場・美術館・遊園地などの施設が集積する「みなとみらい21」地区や、大黒埠頭(ふとう)と本牧(ほんもく)埠頭を結ぶ海上橋の横浜ベイブリッジなどがあり、新しい観光名所となっている。国の重要無形民俗文化財に指定されている貴船神社の船祭り・相模人形芝居・チャッキラコ・山北のお峰入り・大磯の左義長(さぎちょう)の民俗行事のほか、箱根町の箱根大名行列、平塚市の湘南ひらつか七夕まつりなどの観光行事がある。
愛甲郡
足柄上郡
足柄下郡
厚木市
綾瀬市
伊勢原市
海老名市
小田原市
鎌倉市
川崎市
高座郡
相模原市
座間市
逗子市
茅ヶ崎市
中郡
秦野市
平塚市
藤沢市
三浦郡
三浦市
南足柄市
大和市
横須賀市
横浜市

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

神奈川県の関連キーワード尾花岬丹沢山地愛知皂莢虫シグナルヒル与論空港北関東山形[県]苓北[町]兵庫県姫路市広畑区

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

神奈川県の関連情報