コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

新種 しんしゅnew species

知恵蔵の解説

新種

新しく科学的に認知された種。新種は学名を記載した論文が発表された時点で正式に認められるもので、単に発見しただけでは新種とはいえない。種の学名は国際命名規約(動物・植物・細菌でそれぞれ細かな規則が異なる)に従って、ラテン語で、ふつう属名と種(小)名の二名式で記載される。亜種については亜種(小)名をつけた三名式が用いられる。生物の名前には、学名のほかに、それぞれの地域で通用している俗名(和名英名)がある。和名については、個別の学会などで標準和名が定められることがあっても、厳密な命名の規則はない。

(垂水雄二 科学ジャーナリスト / 2007年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

デジタル大辞泉の解説

しん‐しゅ【新種】

今までにない、新しい種類。「新種の商売」
新たに発見された生物の種。国際命名規約に定める必要条件を満たす方式によって記載・公表され、新種であると判定が下されれば学名が有効となる。また、新たに作出された品種。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しんしゅ【新種】

新しく発見された生物の種。国際命名規約に従って記載され、学術雑誌などに公表される。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

新種の関連キーワードニッポノウーリサス・ラモーサス生物系特定産業技術研究推進機構ツヅラセメクラチビゴミムシリュウノメクラチビゴミムシコゾノメクラチビゴミムシnew businessMERSコロナウイルスウズングワ山塊国立公園コシサウルス・カツヤマヤンバルテナガコガネアマミホシゾラフグレプトケファルスフクイベナートルヒプシロフォドンティム ホワイトバージェス頁岩フクイサウルスセンカクモグラヤンバルクイナ山原手長金亀子

新種の関連情報