青浮草・青萍(読み)あおうきくさ

大辞林 第三版の解説

あおうきくさ【青浮草・青萍】

ウキクサ科の多年草。水田・池などの水面に群生する。葉はなく、5ミリメートルほどの卵形の葉状茎からなり、下面に一本の細い根を垂らす。夏から秋、白い小花をつけることがある。 [季] 夏。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

あお‐うきくさ あを‥【青浮草・青萍】

〘名〙 ウキクサ科多年草水田、沼沢、池などの水面にただよい、しばしば大量に群生する。長さ二~四ミリメートルの緑色扁平な葉状のものが茎で、葉はない。裏面の中央から一本の根が垂れている。体の左右にある袋から幼体を生じてふえる。花はきわめて小さく、白または淡い緑色で、夏から秋にかけて咲く。《季・夏》〔重訂本草綱目啓蒙(1847)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android