コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

青銅時代 せいどうじだいL'Âge d'airain

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

青銅時代
せいどうじだい
L'Âge d'airain

ロダンの初期代表作の一つである青年の立像。 1876~77年ブリュッセルで制作され,77年同地の「芸術友の会」展,78年パリのサロンに出品された。あまりにも大胆な肉づけによる写実主義は,審査員たちから,モデルから直接型取りしたのではないかと非難され,3年後あらためてサロンで入選した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

青銅時代の関連キーワードヴァシリイ ゴロツォフF. ロダンデウカリオンロダン美術館石丸 重治小林 秀雄デスマスク藤井 公小川国夫富田正文タアナク永井龍男タロスロダン彫刻

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

青銅時代の関連情報