コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

静脈血 ジョウミャクケツ

2件 の用語解説(静脈血の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

じょうみゃく‐けつ〔ジヤウミヤク‐〕【静脈血】

静脈内を流れる血液。体の各組織から受け取った老廃物や炭酸ガスを多量に含み、ヘモグロビン酸素と結合していないため暗赤色を示す。高等動物では肺動脈にも流れる。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典内の静脈血の言及

【呼吸】より

…十分にO2を含み,CO2の少ない動脈血が毛細血管に到達すると,ガスの濃度こう配に従ってO2は組織へ移り,CO2が組織から血液へ移る。ここで血液は静脈血となって心臓の右心房,右心室を通って肺へ送られ,肺の中の気道の末端分岐部に位置する肺胞に接する毛細血管に達する。ここで拡散によって血液から肺胞へCO2,肺胞から血液へO2のガス交換が起こり,血液は動脈血化し,左心房,左心室を経由して体内の組織へ送られる。…

※「静脈血」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

静脈血の関連情報