肺動脈(読み)はいどうみゃく

百科事典マイペディア「肺動脈」の解説

肺動脈【はいどうみゃく】

全身から心臓に帰った血液をに送る血管。中を流れるのは静脈血右心室から肺動脈幹として出てすぐに左右の肺動脈に分かれ,それぞれ肺門から肺内に入って分枝を重ね,肺胞壁で毛細血管網をつくり,肺胞内の空気との間でガス交換を行い,肺静脈と連絡する。
→関連項目動脈

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

精選版 日本国語大辞典「肺動脈」の解説

はい‐どうみゃく【肺動脈】

〘名〙 陸生脊椎動物の心臓から肺に向かって静脈血を導く動脈。〔解体新書(1774)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「肺動脈」の解説

はい‐どうみゃく【肺動脈】

心臓から肺に静脈血を送る動脈。左右1本ずつあり、心臓から出るので動脈とよばれる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

常任理事国

国連安全保障理事会の構成国(15か国)のうち、中国(1971年中華人民共和国が中華民国にかわり代表権を獲得)、フランス、ロシア(1991年ロシア連邦がソビエト社会主義共和国連邦の地位を継承)、イギリス...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android