コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

非同期転送モード ヒドウキテンソウモード

デジタル大辞泉の解説

ひどうきてんそう‐モード【非同期転送モード】

データ通信の方式の一。データを「セル」という53バイトの固定長の単位に分割し、転送するべきデータがある時にのみ、不定期に送受信を行う。ATM(asynchronous transfer mode)。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

非同期転送モード【ひどうきてんそうモード】

ATM

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

非同期転送モード

ATM」のページをご覧ください。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

大辞林 第三版の解説

ひどうきてんそうモード【非同期転送モード】

音声・画像・データなど速度の異なる信号の伝送が同時に行える高速デジタル交換技術。 ATM 。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の非同期転送モードの言及

【コンピューターネットワーク】より

…前者の代表的なものとして,イーサネット,トークンリング,FDDI(Fiber Distributed Data Interface)などがある。後者の代表的なものとして,専用線,ISDN(Integrated Services Digital Network:サービス総合ディジタル網),ATM(Asynchronous Transfer Mode:非同期転送モード)網,フレームリレーなどがある。LANは,銅線や光ファイバーなどの一つの伝送媒体を多数のコンピューターで共有する多重アクセス方式のものが多い。…

※「非同期転送モード」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

非同期転送モードの関連キーワードこうたいいきアイエスディーエヌATMVoATMセルリレーVoPNデータ速度伝送音声信号