コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

非成帯性土壌 ひせいたいせいどじょう azonal soil

1件 の用語解説(非成帯性土壌の意味・用語解説を検索)

岩石学辞典の解説

非成帯性土壌

基盤岩あるいは未固結物質を覆っているA層を形成する未成熟の土壌で断面の発達は貧弱である.断面が欠如しているのは,急激な浸食によって若い堆積物が集積したためか,母材物質の条件のためである[Ollier : 1969, Birkeland : 1974].土壌生成作用がまだ十分に関与していない土壌であると考えられる.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

非成帯性土壌の関連キーワード土壌被度マントル雨覆いふるい(篩)カンガ表面固化物基盤土壌カンカー

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone