コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

非造山型花崗岩 ひぞうざんがたかこうがん anorogenic granitic rock

1件 の用語解説(非造山型花崗岩の意味・用語解説を検索)

岩石学辞典の解説

非造山型花崗岩

非造山型花崗岩は顕生代(phanerozoic)の花崗岩の一つで,一般にアルカリ岩と類縁関係があり,準火山的な貫入性複合岩体として相対的に小規模な岩体として不連続に産出する.この中にはバーバートン型(Barbaerton-type),ソレアイト型(tholeiitic-type),正規アルカリ型花崗岩(normal alkaline-type)などが含くまれる[Middlemost : 1985].

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

非造山型花崗岩の関連キーワード追い越し運動時花崗岩後期キネマティック花崗岩アイ型花崗岩エイ型花崗岩造山型花崗岩バーバートン型花崗岩ヒマラヤ型花崗岩エピ花崗岩カリ花崗岩

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone