岩体(読み)がんたい(英語表記)rock body, mass, pluton, massif

岩石学辞典「岩体」の解説

岩体

岩石,特に火成岩が地球上で,ある範囲で分布している場合に,これを岩体という.中程度の規模の岩体をマシフ(massif)と呼び,明確な境界をもつ貫入岩体プルトン(pluton)という[Cloos, et al. : 1927, Balk : 1948].岩体という考え方は非常に不明確な点があるが,一般にはまとまって運動をした地質的な単位とでもいうべきもので,同一岩体の中では岩質が均質あるいは連続的に変化し,岩体外部に比べて明瞭に岩質に違いがあることが多い[鈴木 : 1994].

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

精選版 日本国語大辞典「岩体」の解説

がん‐たい【岩体】

〘名〙 地殻内で連続して一体となっている岩石。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

李下に冠を正さず

《スモモの木の下で冠をかぶりなおそうとして手を上げると、実を盗むのかと疑われるから、そこでは直すべきではないという意の、古楽府「君子行」から》人から疑いをかけられるような行いは避けるべきであるというこ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android