コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

岩体 ガンタイ

2件 の用語解説(岩体の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

がん‐たい【岩体】

地殻において、ある範囲に連続してまとまって分布する岩石。一般に火成岩からなるものを指す。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

岩石学辞典の解説

岩体

岩石,特に火成岩が地球上で,ある範囲で分布している場合に,これを岩体という.中程度の規模の岩体をマシフ(massif)と呼び,明確な境界をもつ貫入岩体プルトン(pluton)という[Cloos, et al. : 1927, Balk : 1948].岩体という考え方は非常に不明確な点があるが,一般にはまとまって運動をした地質的な単位とでもいうべきもので,同一岩体の中では岩質が均質あるいは連続的に変化し,岩体外部に比べて明瞭に岩質に違いがあることが多い[鈴木 : 1994].

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

岩体の関連キーワードエクメネ正角図法火成岩起源過酸性岩二次火成岩火成摩擦岩ネオライト火成岩石区火成岩の相反応原理(火成岩成因論)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

岩体の関連情報