コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

顕生代 ケンセイダイ

デジタル大辞泉の解説

けんせい‐だい【顕生代】

地質時代の区分の一。古生代カンブリア紀以降の時代を指す。地層中から肉眼で確認できるほどの大きさの化石が豊富に産出することに由来する。一方、先カンブリア時代以前は顕生代に対し、隠生代とよぶが現在はあまり使われない。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の顕生代の言及

【先カンブリア時代】より

…地球の誕生の45億年前までの約40億年を先カンブリア時代とする考えもあるが,地球上で研究できる最古の岩石の年齢である38億~40億年前に至る約34億年を先カンブリア時代とよび,それ以前の時代を先地質時代として区別する。古生代およびそれ以降の地質時代は化石の証拠が豊富であるところから顕生代Phanerozoic eonとよばれるのに対し,先カンブリア時代は隠(陰)生代Cryptozoic eonとされたが,この語は現在はほとんど使われない。1872年,アメリカのJ.D.デーナがカンブリア時代以前に形成された片麻岩や花コウ岩などの地質系統を太古界とした。…

※「顕生代」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

顕生代の関連キーワードファネロゾイック非造山型花崗岩スパストライトシベリア台地魚卵状鉄岩地質時代

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android