非造礁サンゴ(読み)ひぞうしょうさんご

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

非造礁サンゴ
ひぞうしょうさんご
ahermatypic coral

腔腸(こうちょう)動物門花虫綱イシサンゴ目の種のうち、サンゴ礁をつくるのに関与しない種の総称。一般にやや深い海底に生活するものがほとんどで、深海サンゴともよばれる。イシサンゴ目のうち、おおむねチョウジガイ亜目と、キサンゴ亜目の一部の種がこれに相当する。約6000メートルの深海にもみられるが、ほとんどの種は180~550メートルの範囲にみられ、少数の種は46~90メートルに分布する。一般に組織内に共生藻をもたない。代表的なものにチョウジガイ類、センスガイ類などがある。[内田紘臣]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の非造礁サンゴの言及

【サンゴ礁(珊瑚礁)】より

…たとえば,枝サンゴ類は年に数cm~十数cmも伸び,塊状サンゴは数mm~数cm上方へ成長する。組織内に共生藻類をもたず光合成の制約条件もないため深所に生育できるものは非造礁サンゴと呼ばれる。これらはサンゴ礁の形成とは無関係のものであり,成長率も低いため骨格が緻密で,いわゆる宝石類として利用されている。…

【造礁サンゴ(造礁珊瑚)】より

…腔腸動物花虫綱六放サンゴ亜綱のイシサンゴ目に属する種類が大部分で,そのほかに八放サンゴ亜綱に含まれるクダサンゴやアオサンゴ,さらにヒドロ虫綱のイタミレポラなども含まれる。単体でサンゴ礁を形成しないイシサンゴ類を非造礁サンゴ,または深海サンゴという。 造礁サンゴにはトゲサンゴ科のハナヤサイサンゴ,ショウガサンゴ,トゲサンゴなど,ミドリイシ科のミドリイシ,アナサンゴ,コモンサンゴなど,そしてハマサンゴ科のハマサンゴ,ハナガササンゴ,アワサンゴなどがあり,もっとも造礁サンゴが豊富な南洋群島やオーストラリアの大堡礁(グレート・バリア・リーフ)などでは500種くらいはあろうとされている。…

※「非造礁サンゴ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

フェロー

イギリスではこの呼称は主として次の3つの場合をさす。 (1) 大学の特別研究員 研究費を与えられ,多くは教授,講師を兼ねる。 (2) 大学の評議員 卒業生から選ばれる。 (3) 学術団体の特別会員 普...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android