コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

革包太刀 かわづつみたち

百科事典マイペディアの解説

革包太刀【かわづつみたち】

柄(つか),鞘(さや),鐔(つば)いずれも革で包み,柄巻と渡(わたり)巻には組糸をもって菱(ひし)巻を施した太刀。刀身を熱や冷気,雨などから守るために作られた。
→関連項目

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典内の革包太刀の言及

【刀装】より

…この飾剣の遺品では梨地螺鈿金荘飾剣,沃懸地(いかけじ)螺鈿金荘飾剣(東京国立博物館),梨地螺鈿飾剣(前田育徳会)などが優品であるが,いずれもその意匠には優雅な貴族趣味が豊かに表出されている。 一方,平安時代の末期になり武士が台頭すると,武士用の兵杖太刀も多くの種類が見られ,毛抜形太刀,錦包太刀,蛭巻(ひるまき)太刀,兵庫鎖太刀,革包太刀,黒漆太刀などが用いられた。毛抜形太刀は刀身の茎(なかご)に毛抜形の透しを施し,覆輪をかけてそのまま柄としたことからの名称で,衛府(えふ)の官人の料であったため衛府太刀とも呼ばれている。…

※「革包太刀」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

革包太刀の関連キーワード愛宕神社笹丸

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android