コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

包み クルミ

6件 の用語解説(包みの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

くるみ【包み】

くるむこと。また、くるんであるもの。
赤ん坊を抱くとき、着衣の上からくるんで防寒・保温などのために用いるもの。多くはかいまきに似て、袖(そで)がない。おくるみ。くるみぶとん。

ぐるみ【包み】

[接尾]《動詞「くる(包)む」の連用形から》名詞に付いて、そのものを含んですべて、そのものをひっくるめて全部などの意を表す。ぐるめ。「家族包み」「身包み

つつみ【包み】

[名]
紙や布などで包むこと。また、そのもの。「包みをほどく」「小物をまとめて包みにする」
物を包むのに使う物。風呂敷の類。
「よき―、袋などに、衣(きぬ)ども包みて」〈・四六〉
[接尾]助数詞。包んであるものを数えるのに用いる。「薬を毎食後一包みずつ飲む」
[下接語](づつみ)上包み紙包み香包み茣座(ござ)包み小包み薦(こも)包み根包み袱紗(ふくさ)包み風呂敷包み・藁(わら)包み

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

つつみ【包み】

〈包む〉という語は〈苞(つと)〉と語源を同じくするが,〈苞〉とはわらなどを束ねてその両端を縛り,中間部で物をくるむもの(藁苞(わらづと))であり,後には贈物や土産品の意味(家苞(いえづと))にも使われるようになった。また心理的方面においては〈包む〉は〈慎しむ〉に通じて〈隠す〉〈秘める〉〈はばかる〉といった意味合いを含み,ことに儀礼的局面におけるさまざまな〈包み〉の技法の心理的背景となってきた。
[〈包み〉技法の系譜]
 かつては食を得ることが人間にとって最優先の仕事であり,食物を採集・運搬・保存するために〈包み〉はまず必要な方法であった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

くるみ【包み】

くるむこと。また、くるんだもの。
乳児をくるんで抱く布団。おくるみ。

つつみ【包み】

[3] ( 名 )
紙などで包んだもの。 「おみやげの-を開く」 「紙-」
物を包むために用いるもの。風呂敷など。 「 -に、衣箱の、おもりかに古体なる、うちおきて、おし出でたり/源氏 末摘花
( 接尾 )
助数詞。包んであるものを数えるのに用いる。 「一-ずつ配る」

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

包みの関連キーワード語源学ヒッタイト語包葉髪垂れ薄志押包む整骨医学タンパク質不足クラトテイパル

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

包みの関連情報