包み(読み)ツツミ

デジタル大辞泉「包み」の解説

つつみ【包み】

[名]
紙や布などで包むこと。また、そのもの。「包みをほどく」「小物をまとめて包みにする」
物を包むのに使う物。風呂敷の類。
「よき―、袋などに、きぬども包みて」〈・四六〉
[接尾]助数詞。包んであるものを数えるのに用いる。「薬を毎食後一包みずつ飲む」
[下接語](づつみ)上包み紙包み香包み茣座ござ包み小包みこも包み根包み袱紗ふくさ包み・風呂敷包み・わら包み
[類語]上包み覆いカバー被覆包装外装荷造り荷拵えパッキング梱包パッケージパックラッピング

くるみ【包み】

くるむこと。また、くるんであるもの。
赤ん坊を抱くとき、着衣の上からくるんで防寒保温などのために用いるもの。多くはかいまきに似て、そでがない。おくるみ。くるみぶとん。

ぐるみ【包み】

[接尾]《動詞「くる(包)む」の連用形から》名詞に付いて、そのものを含んですべて、そのものをひっくるめて全部などの意を表す。ぐるめ。「家族包み」「身包み

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版「包み」の解説

つつみ【包み】

〈包む〉という語は〈(つと)〉と語源を同じくするが,〈苞〉とはわらなどを束ねてその両端縛り,中間部で物をくるむもの(藁苞(わらづと))であり,後には贈物や土産品の意味(家苞(いえづと))にも使われるようになった。また心理的方面においては〈包む〉は〈しむ〉に通じて〈隠す〉〈秘める〉〈はばかる〉といった意味合いを含み,ことに儀礼的局面におけるさまざまな〈包み〉の技法の心理的背景となってきた。
[〈包み〉技法の系譜]
 かつては食を得ることが人間にとって最優先の仕事であり,食物採集運搬・保存するために〈包み〉はまず必要な方法であった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

クライマックスシリーズ

日本のプロ野球で、年間の優勝チームを決定する日本シリーズ(日本選手権シリーズ試合)への出場権をかけ、セントラル・リーグとパシフィック・リーグそれぞれの公式戦(レギュラーシーズン)上位3チームが争うプレ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android