(読み)こしらえ

百科事典マイペディアの解説

拵【こしらえ】

刀装ともいう。日本刀の外装,すなわち刀身を入れる鞘(さや),茎(なかご)(握る部分)を入れる柄(つか)および(つば)の総称。なお鐔のないものを合口(あいくち)拵という。儀仗(ぎじょう)(儀式用)と兵仗(武用)とがある。平安時代には公卿(くぎょう)の飾太刀があり,武家には毛抜形太刀,錦包籐巻(とうまき)太刀,銀・銅蛭巻(ひるまき)太刀,黒漆太刀,兵庫鎖太刀などがあった。鎌倉〜室町期には革包(かわづつみ)太刀が盛行。室町中期には戦闘様式の変化に伴い打刀拵が生まれた。桃山時代には打刀と腰刀を共造(ともづくり),すなわち1対とする大小拵が生まれ,江戸時代には裃(かみしも)着用の際に大小拵を用いたが,鞘は黒蝋塗で,柄糸(つかいと),下緒(さげお)も黒の組糸を用い,小柄(こづか),笄(こうがい)は後藤家の作をつけることなどが規定された。富裕な町人の拵にも趣向がこらされた。
→関連項目日本刀三所物

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

こしらえ【拵】

日本で刀剣の外装をいい,〈つくり〉などともいう。起源古墳時代にさかのぼるが,用語としては,江戸時代に入ってから使われたものであろう。柄(つか),鞘(さや),鐔(つば)の3部から成る。本来は身の危険を防ぎ,刀身を保護するためのものであるが,やがて身分標識,着用者の嗜好,戦闘方法の変移などのさまざまな要素が加わって,その様式も変化し,単なる実用品ではない,金工漆工などの高度の技術を駆使したものも現れる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説


こしらえ

一般には外観、装飾のことなどをいうが、日本刀では外装のことで、刀装ともいう。刀剣を保護し、使用しやすくするために不可欠のものであるが、佩用(はいよう)者の威容を整え、その身分や家柄を表示するものでもあった。
 時代によって変遷があるが、長寸のものは大きく分けて太刀拵(たちごしらえ)と打刀(うちがたな)拵になる。寸法の短いものには腰刀拵、小サ刀(ちいさがたな)拵、合口(あいくち)拵などと呼称されるものがある。平安時代から鎌倉時代にかけては、太刀拵が盛行し、南北朝から室町時代にかけては、戦乱の多かったことから、太刀にかわって打刀が用いられるようになった。これが戦国時代になると、戦闘方式の変化に伴い、従来腰に佩(は)いていた太刀拵の儀仗(ぎじょう)的性格が強くなり、一般には具足(ぐそく)の締帯(しめおび)に差す打刀の形式が流行するようになった。打刀拵では、太刀拵のような帯執足金物(おびとりあしかなもの)がなく、鞘(さや)は塗鞘(ぬりざや)で、それまでとは異なった自由な意匠が施されるに至った。江戸時代の武家においては、裃(かみしも)着用の際の大小拵(打刀と脇差)は、鞘は黒蝋(ろう)色塗、柄糸(つかいと)・下緒(さげお)も黒組糸を用い、鐔(つば)・小柄(こづか)・笄(こうがい)などには後藤家作の鳥銅地金色絵のものをつけるのが制となる。また尾張(おわり)拵とか薩摩(さつま)拵とかいう、各藩ごとに特色のある形式を生じた。[小笠原信夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のの言及

【刀装】より

…刀剣の外装のことで,(こしらえ)ともいう。刀剣を身につけるのに,また保護するのに不可欠のものであるが,佩用(はいよう)者の身分や好尚,時代の式制によっていろいろな様式,種類がみられる。…

※「拵」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

新華社

中華人民共和国の国営通信社。新華通訊社が正式名称。 1931年延安で創立され,48年北京に移り,現在は政府国務院新聞総署の管轄下にある。特に文化大革命以後は重要度が高まり,党と政府の発表はここを通じて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

拵の関連情報