コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鞭打 べんだ

大辞林 第三版の解説

べんだ【鞭打】

( 名 ) スル
むちで打つこと。 「麦稈ばくかんを以て狗彘くでいの醜骸を-するに類するとも/社会百面相 魯庵

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

鞭打の関連キーワードむち打ち苦行者(鞭打ち苦行者)ウィース巡礼聖堂ビアドロローサ浮浪者取締法ヴィース教会石垣 栄太郎バクラーノフ死者に鞭打つウィリアムズ死屍に鞭打つビュッフェリルバーンシニョレリ石垣栄太郎サディズム屍に鞭打つ鞭打ち症中臣勝海フエッテフェッテ

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android