音曲口伝書(読み)おんぎょくくでんしょ

世界大百科事典 第2版の解説

おんぎょくくでんしょ【音曲口伝書】

義太夫節の伝書。内題は《竹本播磨少掾(はりまのしようじよう)口伝》。筆者順四軒(じゆんしけん)。1771年(明和8)刊。73年の再版がある。1巻。素人太夫で,大坂順慶町四丁目に住む順四軒が,師匠竹本播磨少掾から聞書きしたもの。したがって,播磨少掾の芸論が主内容となっている。〈浄瑠璃乃原始(はじまり)〉〈情ふかくといふ事〉〈深切(しんせつ)なるといふ事〉〈男女わかち乃事〉〈音乃事〉〈(ほめ)られやうの事〉などと浄瑠璃の由来から音・調子・たしなみ等について述べるほか,〈音曲口伝〉として,52番の浄瑠璃の語り方の要点を説く。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

カジノ解禁

石原慎太郎・東京都知事が1999年に臨海副都心のお台場への誘致を表明して以来、解禁論が何度も浮上してきた。カジノは刑法で禁止されているが、地方自治体には観光活性化や地域振興のために認めるべきだとの声が...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android