コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

音曲口伝書 おんぎょくくでんしょ

世界大百科事典 第2版の解説

おんぎょくくでんしょ【音曲口伝書】

義太夫節の伝書。内題は《竹本播磨少掾(はりまのしようじよう)口伝》。筆者は順四軒(じゆんしけん)。1771年(明和8)刊。73年の再版がある。1巻。素人太夫で,大坂順慶町四丁目に住む順四軒が,師匠竹本播磨少掾から聞書きしたもの。したがって,播磨少掾の芸論が主内容となっている。〈浄瑠璃乃原始(はじまり)〉〈情ふかくといふ事〉〈深切(しんせつ)なるといふ事〉〈男女わかち乃事〉〈音乃事〉〈誉(ほめ)られやうの事〉などと浄瑠璃の由来から音・調子・たしなみ等について述べるほか,〈音曲口伝〉として,52番の浄瑠璃の語り方の要点を説く。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android