翻刻(読み)ホンコク

デジタル大辞泉の解説

ほん‐こく【翻刻】

[名](スル)写本・版本などを、原本どおりに活字に組むなどして新たに出版すること。「古鈔本を翻刻する」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ほんこく【翻刻】

( 名 ) スル
写本や刊本を、そのままの内容で、新たに木版または活版で刊行すること。翻印。
外国の刊本を、そのままの内容で新たに刊行すること。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

はん‐こく【翻刻】

※布令必用新撰字引(1869)〈松田成己〉「翻刻 ハンコク ホリナホス」

ほん‐こく【翻刻】

〘名〙 すでにある本や原稿を木版活版で新たに起こし刊行すること。特に、写本、版本、外国の本などを木版、活版などで再製すること。翻印
※随筆・文会雑記(1782)附録「今の和刊の杜注の左氏は、宋本を翻刻したるなり」 〔書林清話‐巻二・翻板有例禁始於宋人〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

翔んで埼玉

魔夜峰央(まやみねお)によるギャグマンガ、及び、それを基にした映画作品。埼玉県民が東京都民に虐げられる架空の日本を舞台に、埼玉県解放を目指す人々の愛と戦いを描く。「花とゆめ」(白泉社)の1982年冬の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

翻刻の関連情報