翻刻(読み)ほんこく

精選版 日本国語大辞典「翻刻」の解説

ほん‐こく【翻刻】

〘名〙 すでにある本や原稿を木版や活版で新たに起こし刊行すること。特に、写本、版本、外国の本などを木版、活版などで再製すること。翻印
※随筆・文会雑記(1782)附録「今の和刊の杜注の左氏は、宋本を刻したるなり」 〔書林清話‐巻二・翻板有例禁始於宋人〕

はん‐こく【翻刻】

※布令必用新撰字引(1869)〈松田成己〉「翻刻 ハンコク ホリナホス」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「翻刻」の解説

ほん‐こく【翻刻】

[名](スル)写本・版本などを、原本どおりに活字に組むなどして新たに出版すること。「古鈔本を翻刻する」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

急急如律令

中国漢代の公文書の末尾に、急々に律令のごとくに行え、の意で書き添えた語。のち、呪文(じゅもん)の終わりに添える悪魔ばらいの語として、道家・陰陽師(おんようじ)・祈祷僧(きとうそう)などが用いた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android