コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

音波ログ おんぱログ

1件 の用語解説(音波ログの意味・用語解説を検索)

海の事典の解説

音波ログ

航送中の船の船底から、音波を出し、水中の微小粒子からの反射音のドップラー・シフトを測定して船と相対的な流速を測定する測器。反射音が返って来るまで の時間から、どの深さの微小粒子からの反射であるかを推定出来るから、流速の鉛直分布を得ることが出来る。海が浅ければ、海底からの反射音によって絶対流 速が得られる。ロラーンや衛星による位置決定精度が上がり、船速が精度良く推定されるようになり、広く使用されるようになった。船速を測定する測器として 音波ログ呼ばれることもある。 (永田)

出典|(財)日本水路協会 海洋情報研究センター
Copyright(C) Marine Information Research Center, Japan Hydrographic Association. All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

音波ログの関連キーワードログ舳艫相銜む船底誓いの船水足四つの船楽の船敷寝の船SONAR音響測深機

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone