コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

響み ドヨミ

デジタル大辞泉の解説

どよみ【響み】

《古くは「とよみ」》
大きな音が鳴りひびくこと。大声で騒ぐこと。また、その音や声。どよめき。
「遠くでする市街(まち)の―を…聞きながら」〈近松秋江・疑惑〉
ゆれうごくこと。動揺。
「汽車の―に留南奇(とめき)が散って」〈鏡花婦系図

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

どよみ【響み】

〔動詞「どよむ」の連用形から。古くは「とよみ」〕
わいわいと大声をあげること。どよめき。騒ぎ。 「一斉に揚ぐる-など/金色夜叉 紅葉

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

響みの関連キーワード金色夜叉連用形