預かり(読み)あずかり

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

預かり
あずかり

もつれた相撲で,行司団扇物言いがつき,いずれが勝ちかを決めかねた場合,日本相撲協会未決のまま勝負を預かること。江戸時代から大正時代にかけては取り直し制度がなかったため「預かり」が多かった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

預かりの関連情報