頒布会

流通用語辞典「頒布会」の解説

頒布会

食器類などセット商品を、会費制によって1種類ずつ届ける販売方法。通信販売の伝統的な方法。買い手にとっては、月々、比較的少額の支払いでいつのまにかセット商品が揃うところが受けている。これが転じて、食料品を毎月届ける頒布会が普及してきている。顧客にとってはいちいち注文をしなくてもよく、しかも1ヶ月分無料などの特典が得られる。

出典 (株)ジェリコ・コンサルティング流通用語辞典について 情報

デジタル大辞泉「頒布会」の解説

はんぷ‐かい〔‐クワイ〕【頒布会】

会費を支払っている会員に向けて、商品や刊行物などを定期的に配る会。「地酒頒布会

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

国民栄誉賞

内閣総理大臣表彰の一つ。1977年内閣総理大臣の福田赳夫の決裁により設けられた。「広く国民に敬愛され,社会に明るい希望を与えることに顕著な業績のあった者」に贈られる。第1回受賞者はプロ野球選手の王貞治...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android