頒布会

流通用語辞典の解説

頒布会

食器類などセット商品を、会費制によって1種類ずつ届ける販売方法。通信販売の伝統的な方法。買い手にとっては、月々、比較的少額支払いでいつのまにかセット商品が揃うところが受けている。これが転じて、食料品を毎月届ける頒布会が普及してきている。顧客にとってはいちいち注文をしなくてもよく、しかも1ヶ月分無料などの特典が得られる。

出典 (株)ジェリコ・コンサルティング流通用語辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

はんぷ‐かい〔‐クワイ〕【頒布会】

会費を支払っている会員に向けて、商品や刊行物などを定期的に配る会。「地酒頒布会

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

プレッパー

非常事態に備え、食糧や自衛のための武器・弾薬などを過度に備蓄している人のこと。「備える(prepare)」から生まれた言葉で、2012年現在では米国に最も多く存在し全米で300~400万人にのぼるとみ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android