刊行物(読み)かんこうぶつ

精選版 日本国語大辞典「刊行物」の解説

かんこう‐ぶつ カンカウ‥【刊行物】

〘名〙 印刷し発行された文書や図画
※文学的及美術的著作物保護万国同盟創設に関する条約及追加規定並解釈宣言書(明治三二年)(1899)七条「但定期刊行物にありては」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「刊行物」の解説

かんこう‐ぶつ〔カンカウ‐〕【刊行物】

刊行した書籍・文書・絵画など。「政府刊行物」「定期刊行物

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ケッペンの気候区分

ケッペンが1918年に考案した世界の気候区分法。植物分布に注目し、熱帯気候(符合A)・乾燥気候(B)・温帯気候(C)・冷帯気候(D)・寒帯気候(E)に区分した。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android