コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

頒暦 はんれき

大辞林 第三版の解説

はんれき【頒暦】

暦を分けくばること。また、その暦。古くは、陰陽おんよう寮が作成した暦を諸司に頒布した。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

デジタル大辞泉の解説

はん‐れき【頒暦】

を広く配ること。また、その暦。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の頒暦の言及

【暦】より

…暦にはその内容によって具注暦と仮名暦があり,ごく特殊なものとして七曜暦がある。暦を一般に頒(わか)ち配ることを頒暦(はんれき)というが,ふつうは頒暦といえば仮名暦のことである。 日本に律令制度がしかれた8世紀の初めころ,暦道のことも決められた。…

【御暦の奏】より

…南殿庭上において行ったため,庭立(にわたち)の儀ともいうが,降雨や天皇が出席しないときは,内侍に付して奏進した。《延喜式》等によると,天皇に具注暦(ぐちゆうれき)2巻(6月以前を上巻,7月以降を下巻)を,中宮・東宮にも各2巻を進めるほか,内外諸司に166巻(83部)をわかつ頒暦も行われた。頒暦を受けた内外諸司はさらにその写しを作り,所属の寮司や郡司に分け,年内にそれの配布を終了させる。…

※「頒暦」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

頒暦の関連キーワード大春日真野麻呂樋口謙貞御暦の奏七十二候具注暦姫始め暦学暦注諸司京暦

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android