コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

頼乗 らいじょう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

頼乗 らいじょう

?-? 南北朝時代の僧。
応安元=正平(しょうへい)23年(1368)興福寺権(ごんの)別当,応安3=正平25年法隆寺別当となる。安養院僧正とよばれた。俗姓葉室

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

頼乗の関連キーワード南北朝時代狩野松栄

今日のキーワード

ビットコイン

インターネット上で使用できる仮想通貨の一つ。日本円のような法定通貨とは異なり、通貨としての機能を持つ電子データであり、1ビットコインは、1BTCという単位で表記される。仮想通貨と似たものに、オンライン...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android