コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

正平 ショウヘイ

大辞林 第三版の解説

しょうへい【正平】

南朝の年号(1346.12.8~1370.7.24)。興国の後、建徳の前。後村上・長慶天皇の代。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本の元号がわかる事典の解説

しょうへい【正平】

日本の元号(年号)。室町時代(南北朝時代)の1346年から1370年まで、後村上(ごむらかみ)天皇、長慶(ちょうけい)天皇の代の南朝で使用した元号。前元号は興国(こうこく)。次元号は建徳(けんとく)。1346年(興国7)12月8日改元。正平年間の北朝の天皇は光明(こうみょう)天皇、崇光(すこう)天皇、後光厳(ごこうごん)天皇。北朝では、貞和(じょうわ)(1345~1350年)、観応(かんのう)(1350~1352年)、文和(ぶんな)(1352~1356年)、延文(えんぶん)(1356~1361年)、康安(こうあん)(1361~1362年)、貞治(じょうじ)(1362~1368年)、応安(おうあん)(1368~1375年)の元号を使用した。室町幕府の将軍は足利尊氏(たかうじ)(初代)、足利義詮(よしあきら)(2代)、足利義満(よしみつ)(3代)。1350年(正平5/観応1)から1352年(正平7/文和1)にかけて、室町幕府は足利直義(ただよし)(尊氏実弟)派と、尊氏側近の重臣高師直(こうのもろなお)派に分裂して、「観応の擾乱(じょうらん)」と呼ばれる内訌(ないこう)が起こった。直義派が関東・北陸・山陰を押さえ、足利直冬(ただふゆ)(直義の養子)が九州で勢力を伸ばしていたことから、尊氏は1351年(正平6/観応2)に南朝に和議を提案、南朝方も尊氏の帰順を受諾して直義追討の綸旨を発した。これにより、北朝の崇光天皇と皇太子は廃位となり、北朝が使用していた「観応」の元号も廃されて、南朝の「正平」に統一された(「正平一統」)。翌年、南朝方は京と鎌倉を同時に急襲、鎌倉にあった尊氏は武蔵国に、京の義詮は近江国に逃れて「正平一統」を破棄し、元号を「観応」に戻した。その後間もなく、北朝方は京と鎌倉を奪還するが、南朝方は光厳・光明・崇光の三上皇を連れ去った。そのため、北朝方は光厳上皇の第二皇子である後光厳天皇を擁立し、直後に「文和」と改元した。

出典 講談社日本の元号がわかる事典について 情報

正平の関連キーワード右衛門佐局(1)正平染め・正平染純正調オルガン亮仁入道親王祇園執行日記小笠原長基善法寺了清仁誉法親王西洞院行時徳大寺公清正平御免革斯波義種島津伊久仁木頼章足利義詮別伝妙胤中院通氏山名氏冬茂木知貞坊門資世

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

正平の関連情報