顴骨(読み)けんこつ

精選版 日本国語大辞典の解説

けん‐こつ【顴骨】

〘名〙 (慣用読みは「かんこつ」) 頬(ほお)の上部にある骨。頬骨。
※解体新書(1774)一「大陽骨。分在左右。其属之者、顴骨端、起在左右

かん‐こつ クヮン‥【顴骨】

〘名〙 (「けんこつ」の慣用読み) 頬(ほお)の上部にある骨。頬骨(きょうこつ)。〔解体新書(1774)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の顴骨の言及

【頭骨】より

…頰骨malar bone(os zygomaticum[ラテン])顔面の両側に突出している1対の骨。以前には顴骨(かんこつ)といった。蒙古系人種(モンゴロイド)では欧州系人種(コーカソイド)に比べてその突出が著しい。…

※「顴骨」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android