コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

頬骨 きょうこつzygomatic bone

翻訳|zygomatic bone

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

頬骨
きょうこつ
zygomatic bone

眼窩の下前側を構成し,頬部の突出をつくる骨。上顎骨,前頭骨,側頭骨および蝶形骨大翼と連結し,前方から見るとほぼ菱形になっている。側頭骨の頬骨突起との連結部は頬骨弓と呼ばれ,これは耳の穴のすぐ前方に位置する骨の高まりで,俗にほお骨が高いというのは,この頬骨弓の突出が強いことをいう。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

きょう‐こつ〔ケフ‐〕【頬骨】

ほおの隆起をなす骨。眼窩(がんか)の底部外方に一対ある。顴骨(けんこつ・かんこつ)。ほおぼね。

つら‐ぼね【頬骨】

ほおぼね」に同じ。〈和英語林集成

ほお‐ぼね〔ほほ‐〕【頬骨】

ほおの上部に少し高く出ている骨。ほおげた。顴骨(かんこつ)。「頬骨が張った顔」

ほほ‐ぼね【頬骨】

ほおぼね

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

頬骨の関連情報