飛炎・飛焔(読み)ひえん

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① 燃え上がる炎。
※三教指帰(797頃)中「極功力於寒氷、求其飛焔」
※正倉院文書‐天平宝字六年(762)八月九日・高島山作所漕材注文「飛炎二枝 各長七尺方六寸」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

マスターズトーナメント

1934年 B.ジョーンズと A.マッケンジーにより創設されたゴルフトーナメント。毎年4月第2週にジョージア州オーガスタのナショナルコースで行なわれ,「マスターズを制する者は世界を制する」といわれるほ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android